しまなみ海道日帰りツーリング

仕事で色々とありまして、全く現場が進まなくなったので年休取って日帰りツーリング行ってきました。

ただ高速道路を走るだけってのもつまらないので、今回は軽いワインディングもできたらと思い尾道までは一般道を使用。
しかしこれが一つ目の失敗でした。
度重なる渋滞で早くも左手が痛くなってくる・・・

予想よりかなり時間がかかったしまったため、当初予定していた壱番館ではなく尾道バイパスから近い東珍康で昼食。

その後はしまなみ海道で今治へ。

途中でPAや道の駅へ寄ったりしつつ海沿いを松山方面へのんびり走って松山観光港へ。

フェリー乗船待機

当初の予定では松山15:20発→呉17:15着のフェリーに乗船する予定でしたが、この便が欠航しているというホームページの案内を見落としていて次の便を待つ羽目に。
事前に気付いていればちょっと観光できるくらいの時間があっただけに、もったいないことをしたな~とちょっと後悔・・・

昨日の夜に飲みながら適当に考えた突発ツーリングだったので思い通りにはならなかったですが、絶好のツーリング日和で走ってて気持ちよかったので良しとします。

今回の走行距離

VFR800F 外装慣らし終了のお知らせ

はい、バイク乗りなら誰しもが恐れる例のヤツをやってしまいました。
夜勤帰りで疲れているところで車庫という名の勝手口通路へ向かって曲がる時にバランスを崩して右側へ転倒しました。
幸いにも停止寸前で立ちゴケしたのでバイク自体は軽微な損傷で済みましたが、精神的ダメージは結構なもの・・・
・クランクケースカバーに傷

・ハンドルバーエンド・ミラーウインカーに傷
それと写真はありませんが、ブレーキペダルとステップがステーごと内側に曲がったのと、
ステップに付いてるバンクセンサーが根元から折れました。
転倒直後はリアブレーキの効きとペダルの戻りが悪くなったように感じましたが、エアが噛んでただけらしく何度かペダルを踏み踏みしてたら直りました。
とりあえずは普通に走行できるので今回は修理は考えていません。

VT750Sの初転倒(フルバンク停車)した時も自宅前で全く同じ状況でやらかしてます。
多分ですが帰宅したという安心感から気が抜けて油断した結果、というような気がします。

今回も怪我がなかっただけで良しとします。
バイクはパーツ交換すれば治りますが、人体はそうもいきませんからね。

色々と個人的なお祝いを兼ねて・・・

主任から係長へ進級できたり、誕生日とか色々とあったので記念に前々からキープしてもらっていたとっておきを開けました。
「The Salon 2004 Blanc de Blancs」

葡萄の出来が良い年しか作られないので、存在しないヴィンテージがあることでも有名です。
また生産量も少ないため数えるほどしか日本に入ってきません。
本来なら私みたいな一般人には縁のないシャンパンだったりしますが、色々あって今回飲ませていただきました。

次にこのクラスのボトルを開けるとなると、相当良いことが無いと無理ですね・・・
婚約・結婚とか第一子出産とか・・・?その前に相手作らないといけないですね。

VFR800Fを衝動買いしたぜ イヤッッホォォォオオォオウ!!

生存報告と投稿テスト

12月中旬に先行予約の連絡があり、思ってた以上に値引きが良かったのでその場で契約書にサインするという暴挙に。
諸経費コミコミで税抜きの車両価格と同じ128万円、漢の一括払い!
 窓口での振り込みが久しぶり過ぎて、振込用紙を3枚くらい書き直すというw

HONDA VFR800F(’17-) デジタルシルバーメタリック

※Twitterに上げたのと同じ写真をちょい加工

五日市周辺はそこそこ雪が降っていたので受け取ってからすぐに帰ろうかと思ってましたが、ダメ元で軽く西の方へ行ったら宮島から西側は雲一つない快晴で絶好のツーリング日和。
しかし帰りに阿品を過ぎたあたりから状況が一変して猛吹雪になり、何度もヘルメットのシールドに雪が付着して前が見えなくなりつつも何とか積もり始める前に帰りました。

ポジションとかアクセルワークとかパワーとか、何もかもが今まで乗ってたVT750Sと違うので慣れるまでしばらくかかりそう。
車体の慣らしよりも自分自身への慣らしが相当必要な予感。
リミッターがあるとはいえ、1速レブリミットで100km/h近く出るらしいので気を付けなければ。

収納はリアシートバッグを付けて何とかするとして、パニアケースとかは追々考えよう。

FOSTEX HP-A7のオペアンプ交換

やっと年度末らしい忙しさになってきた今日この頃。
とまあそんな事は置いといて・・・

今回は三年前から使っているヘッドホンアンプ「FOSTEX HP-A7」のオペアンプ交換をやってみました。

交換前
FOSTEX HP-A7のオペアンプ交換
交換後
FOSTEX HP-A7のオペアンプ交換
うーん、違いが分かり辛ぇ・・・

交換したのは次の三箇所。
・DAC出力の差動合成用に使われているシングルオペアンプ×2個 LT137CN8 (部品番号U101,U201)
・ライン入力に使われているデュアルオペアンプ×1個 LT1358CN8 (部品番号U331)
・ヘッドホン出力に使われているデュアルオペアンプ×1個 LT1358CN8 (部品番号U401)

差動合成用は超低歪み超低ノイズで高DC精度なアナログデバイセズのAD797を、
ライン入力用は超低ノイズで周波数特性がフラットなアナログデバイセズのOP275を、
ヘッドホン出力用はドライブ性能も考えテキサスインスツルメンツのLME49880(実装済基板タイプ)を選択。
あくまでもデータシート上の話なので実際は好みの問題ですね。
なによりHP-A7は最終出力段がディスクリートなのでそこまで極端な違いは出ないはず・・・

他にもテキサスインスツルメンツ(バーブラウン)のOPA604AP(シングル)&OPA2604AP(デュアル)とか買ってみましたが、それはまた別の機会ということに。

大した耳は持ち合わせていないのであくまでも主観でしかありませんが、
LT137CN8・LT138CN8よりはメリハリの効いたシャキッとした音になったような、
有り体に言えば若干ドンシャリになったような感じ。
あんまり気にしだすとオペアンプ沼に嵌ったり、上位機種を買った方が良くなってしまうのでこの辺で妥協。

これから交換を考えている人は下記の写真を参考にして下さい。
括弧書きは元々刺さっているオペアンプの型番です。
FOSTEX HP-A7のオペアンプ交換

次は数枚しかないSACDのためにSACDプレーヤーを買おう。

「Johann Wolfgang von Goethe vintage reserve 1952」を飲んできた

一ヶ月ちょっと遅れてやってきた自分への誕生日プレゼント、という事でとびきり上等なお酒を飲みました。

「Johann Wolfgang von Goethe vintage reserve 1952」
‐ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ ヴィンテージ・リザーブ 1952-
「Johann Wolfgang von Goethe vintage reserve 1952」を飲んできた

“1952″の名が示すように60年物のブランデーです。
今回日本に入ってきたのは6本だそうで、これはその内の1本。
証明書はもちろんシリアルナンバー付き、さらに封蝋が入っています。

たまにこういう贅沢するのも悪くないですね。

久しぶりの生存報告を

久しぶりの生存報告を

また久しぶりの更新です。
レンタルサーバーの利用料を払うだけ払って放置してました。とまあ前置きはこれくらいにしてなぜこのタイミングで久しぶりの更新かというと、
来週に行われる先輩の結婚式の二次会で使用できそうな写真を漁っていたら色々と思い出したので書いてみました。
ただ我武者羅に写真を取って毎日のようにアップロードしていた時期と、
色々と吹っ切れなかった時期が思いっきり重なっていたのが今更になって気付いたというか。
早い話が気を紛らわすための打ち込めることが必要だったっていうだけですね。
ちなみに、だいたい吹っ切れるまで2年半かかったみたいです。もう一つの原因は間違いなくツイッターのせいですね。
画像付きで簡単に短文を投稿できるっていうのはやっぱり楽なこととが大きいみたいです。
まあ単なる言い訳にしかなっていませんがw

2016年も既に一ヶ月経ってしまいましたが、残り11ヶ月で何かしら変化のある年にできたらなーと思います。

いい加減更新しないとなあ

TwitterやFacebookなんかで近況書いてて放置プレイしている今日この頃。
せっかく有料サーバー借りているのでいい加減再始動しなければ!という事で、とりあえず近況報告を。

実は連休明けに内々に異動を伝えられまして、来月の6月1日からまた広島勤務になりました。
正式な辞令が出るのは早くて今週末の予定ですがどうなることやら。
前々からやろうと思っていた実家の自室のリフォームと駐車場の増設工事の見積もりを慌てて依頼したり、仕事の引き継ぎ資料を作成したりと連休明けから慌ただしい日々になっています。

色々と時間がないので当面は実家に住むことになりますが、仕事量や忙しさによっては近くに部屋を借りることを視野に入れています。
広島県外の場合は会社が寮扱いで部屋を借りてくれるので安く住めていましたが、広島で独り暮らしとなると家賃補助という形になり、今よりも出費がかなり増えるため今のところはほぼ考えていませんが・・・

せっかく始まったばかりのプロジェクト工事を手放すことになるのは心残りですが、
サラリーマンなのでこればっかりは仕方ないですね。
あと三週間ですが徳山での生活を満喫せねば!

自作PCの19インチラックマウント化

先日、前々から考えていたPCの19インチラックマウント化をしました。
使用しているシャーシはiStarUSA製のもの、ラックは摂津金属工業のNORシリーズです。
自作PCの19インチラックマウント化
自作PCの19インチラックマウント化
ラックマウント化する前は2つのスチールラックに3台のPCを置いていましたが、
1つの19インチラックにPC3台+UPS+L2スイッチを収納できるようになっています。

PC周り全体はこんな感じです。
自作PCの19インチラックマウント化
部屋に馴染まないかもという懸念もありましたが、
思ったほど違和感もないのでいい感じです。
当初は思い切って16Uや22Uの中型ラックを購入予定でしたが、
12Uの小型ラックにして正解だったかもしれません。
専有面積的には以前より1/3ほど小さくなりました。

次はメインマシンかエンコード用マシンの更新あたりを予定したいですが、
円安でパーツが高騰しているのでPC関係はしばらく弄れそうにない今日この頃・・・